氏家富良

提供: SMpedia
風俗草紙1954年(昭和29年)4月号の座談会『責めと緊縛よもやま話』から。左端が氏家富良

うじいえ とみよし

概要

編集人。日本文芸社=日本特集出版社。『風俗草紙』『SM奇譚』などの編集人。

別名

略歴

1947年(昭和22年)、日本小説社の『日本小説』創刊号の編集後記に氏家富良の名前が[1]

1953年(昭和28年)7月、『特集雑誌 オール実話』増刊号として『風俗草紙』発刊。喜多玲子の絵、上田青柿郎の文など。夜久勉がからむ[2]

1954年(昭和29年)4月、風俗草紙4月号に座談会『責めと緊縛よもやま話』(出席者:吉野二郎伊藤晴雨山下久一郎松井籟子氏家富良)

1975年(昭和50年)8月、サン出版から発刊された『SM奇譚』の編集人。

エピソード

代表作

エピソード

引用文献

注釈

お役たちweb

つながり