山田彬弘

提供:SMpedia
山田彬弘保存版 SMギャラリーSMマガジン]1972年(昭和47年)9月臨時増刊号より

やまだ あきひろ。1950年代から裏窓サスペンスマガジンSMセレクトサスペンス&ミステリーマガジンSMキングSMファンなど幅広いSM雑誌に作品発表。

概要

絵師。裏窓サスペンスマガジンSMセレクト小説SMセレクトSMプレイサスペンス&ミステリーマガジン問題SM小説SMキングSMファン別冊SMファンSMマガジン別冊SMファンなどに作品発表。

別名

略歴

1973年(昭和48年)5月21日、鬼プロサン出版の企画による箱根での慰労会[1]。出席者は団鬼六美濃村晃堂昌一小日向一夢千草忠夫安芸蒼太郎小妻容子前田寿安沖渉二古正英生東桂史中島喜美織裳雪夫松井籟子蘭光生天堂寺慎山田彬弘曽我部泰佐藤重臣ネコ、マリ。

エピソード

  • 濡木痴夢男は「彼は三流どころの倶楽部雑誌にいっぱい描いていた。竹下通りのぼろぼろの木造アパートの三階に住んでいた。中国からの戦地帰りで、奥さんがとてもいい人で、私がいくと、あそこの角の店のお肉がとてもおいしいから食べにいきましょうと誘われ、よくご馳走になった。そうしたら持参した原稿料よりも肉ほうが高いんで、すいませんと謝ったこともある。」と思い出を書いている[2]

作品

山田彬弘 裏窓1959年(昭和34年)7月号より

引用文献

  1. SMキング1973年(昭和48年)8月号に紹介記事
  2. 飯田豊一『奇譚クラブ』から『裏窓』へ』(論創社, 2013)

注釈

お役たちweb

つながり

SM殿堂