中島喜美

提供:SMpedia
中島喜美 裏窓1959年(昭和34年)7月号より
中島喜美 裏窓1957年(昭和32年)11月号の島本春雄鬼姫変化』より。
中島喜美 風俗草紙1954年(昭和29年)2月号の島本春雄鏡妖傳』より。


なかじま きよし、(生年不詳)。1940年代から「妖奇」「風俗草紙」「裏窓」に挿絵を書いていた男性の日本画家。濡木痴夢男が親しくしていた。

概要

絵師。風俗草紙裏窓SMセレクトなどで活躍。男性。

別名

仲島炬司、中嶋喜美、中島善美[注 1]

略歴

1949年(昭和24年)4月、讀切講談世界4月号の口絵。

1973年(昭和48年)5月21日、鬼プロサン出版の企画による箱根での慰労会[1]。出席者は団鬼六美濃村晃堂昌一小日向一夢千草忠夫安芸蒼太郎小妻容子前田寿安沖渉二古正英生東桂史中島喜美織裳雪夫松井籟子蘭光生天堂寺慎山田彬弘曽我部泰佐藤重臣ネコ、マリ。

エピソード

  • 「彼は日本画家で、小田急沿線の狛江に住んでいて、新宿の同じ喫茶店でよくあった。女性を繊細艶麗に描くだけあって、奥さんはとてもきれいで、いつも和服を着ていた。」[2]

作品

引用文献

  1. SMキング1973年(昭和48年)8月号に紹介記事
  2. 飯田豊一『奇譚クラブ』から『裏窓』へ』(論創社, 2013)

注釈

  1. SMセレクト1971年1月号で使われているが、目次には中島喜美となっているので、誤植と思われる。
  2. 妖奇廃刊後にオール・ロマンスへ2話連載。風俗奇譚にも1~2作再録。後に久保書店から書籍化(1955)。この時の装丁は喜多玲子

お役たちweb

つながり