ヒロインの大ピンチ研究会

提供: SMpedia
ナビゲーションに移動検索に移動
ヒロインの大ピンチ研究会制作による『ヒロピンレデイ① レデイ吊り拷問』 (1998)

概要

1998年頃からヒロインの大ピンチ研究会オリジナルビデオシリーズ、DID系のビデオを制作していた、マニアを中心とするグループ。

別名

ヒロピン

レーベル

主な監督

たけのすけ

歴史

1997年(平成9年)、インターネットのコンテンツの1つとして「ヒロインの大ピンチ研究会」が創設[1]

1998年(平成10年)頃、モデル募集・ビデオ作成を開始[1]

2005年(平成17年)頃、活動終了[1]

所在地

代表作

  • ヒロピンレデイ』シリーズNo.1〜No.18[注 1]

エピソード

  • 1997年(平成9年)のHPでは、登場人物のたけのすけ、みか、ゆきのコミカルなやりとりの他、過去のテレビや映画のヒロピンシーンの紹介[1]
  • 吊りや磔、三角木馬が頻出[1]
  • 2002年頃まで大洋図書、まんだらけで販売[1]
  • 撮影用スタジオ「南関東拷問センター」を開設[1]

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 コデンマパピヨン氏、私信。2021.2.20

注釈

  1. 3,4,5は欠番

お役たちweb

つながり

SMビデオ