SMキング

提供: SMpedia
SMキング 1972年(昭和47年)8月創刊号。表紙は辰巳四郎
谷ナオミ SMキング1972年(昭和47年)8月創刊号のグラビアより。
団鬼六花と蛇』(挿絵:前田寿安) SMキング1972年(昭和47年)8月創刊号より。


えすえむきんぐ。1972年(昭和47年)から1974年(昭和49年)に団鬼六が発行したSM雑誌。須磨利之辻村隆椋陽児前田寿安らが寄稿。大洋図書がバック。

概要

大洋図書がバックにつき、団鬼六が中心となって1972年(昭和47年)から1974年(昭和49年)に発刊したSM雑誌。

発行年・出版社

大洋図書

発行人・編集人

1972年(昭和47年)8月 -1973年(昭和48年)3月 山中崇容

1973年(昭和48年)3月- 山根麗子

主な出来事

1972年(昭和47年)8月1日、8月創刊号。発行所は「鬼プロダクション出版部」。表紙は辰巳四郎

団鬼六の『花と蛇』(挿絵:前田寿安)、『雲助日記』(挿絵:水城淳)、千草忠夫生贄の鏡』(挿絵:春日章)、鴉嘔吐夫ダッカの拷問将軍』(挿絵:歌川大雅)、東条九十役者狂いのプレイガール』(挿絵:曽我部泰)、光谷東穂狩られた男』(挿絵:椋陽児)、
辻村隆『SM艶魔帳』、佐藤重臣サド・マゾ映画講座』、美濃村晃繩を持った食客』、前中行司江戸川乱歩のSM的楽しみ方』、宮田雪拷問部屋の呪縛師』、伊東守男私の内なるマゾッホ』、芳野眉美Mの部分』、人物クローズアップ『向井一也青木純子夫妻』、小坊大師SM大学』。芳野眉美谷ナオミの対談。
古川益三のイラスト。

1972年(昭和47年)9月1日、9月号。

谷ナオミ荒木信子
芳野眉美黒い翳』(挿絵:秋吉巒)、松井籟子赤い月』(挿絵:山田彬弘)、
森下高茂フェチシズム要論』、柴田出SMカルテ』、美濃村晃谷ナオミの対談『繩談義』。

1972年(昭和47年)11月、『SMキング』11・2月合併号から表紙を秋吉巒が担当。

1973年(昭和48年)5月21日、鬼プロサン出版の企画による箱根での慰労会[1]。出席者は団鬼六美濃村晃堂昌一小日向一夢千草忠夫安芸蒼太郎小妻容子前田寿安沖渉二古正英生東桂史中島喜美織裳雪夫松井籟子蘭光生天堂寺慎山田彬弘曽我部泰佐藤重臣ネコ、マリ。

1973年(昭和48年)8月号、9月号が発禁処分に[2]

1974年(昭和49年)6月、『SMキング』6・7月合併号から表紙を小妻要が担当。

1974年(昭和49年)6月26日、濡木痴夢男SMキングの撮影を百花苑にておこなっている[3]

1975年(昭和50年)3月号、休刊。

表紙

増刊号

SMキング 1973年(昭和48年)5月増刊号『谷ナオミ豪華写真集 緊縛の世界

エピソード

引用文献

  1. SMキング1973年(昭和48年)8月号に紹介記事
  2. SMキング1973年(昭和48年)11月号『鬼六談義 秋風の季節
  3. 濡木痴夢男仕事メモ

注釈

お役たちweb

つながり

団鬼六 千草忠夫 森下高茂 松井籟子 蘭光生 前田寿安 椋陽児 沖渉二 小日向一夢 須磨利之 辻村隆 杉浦則夫 谷ナオミ 浦戸宏 山根麗子