東京SM企画

提供: SMpedia
ナビゲーションに移動検索に移動
別冊S&Mスナイパー1982年(昭和57年)8月号掲載の「SMボンバー」「SM水族館」の公演案内。
1982年(昭和57年)3月13日にスナイパー1でおこなわれた東京SM企画による『変態SM地獄IV〜羞恥責め・やわはだなぶり』での村井次郎[1]

概要

桜田伝次郎が関係した組織で、東京SM企画SM水族館は同じものと思われる。企画組織名が東京SM企画SM水族館がそのイベント名なのかもしれない。東京SM企画GSG企画との関係が不明だが、GSG企画の変名が東京SM企画のではないかと思われる。雑誌によってはSM水族館の主催者を村井次郎と紹介している。スナイパー1アルス・ノーヴァなどで公演。明智伝鬼も出演。

別名

SM水族館 東京SM企画

所在地

歴史

1982年(昭和57年)2月26日、スナイパー1にて東京SM企画による『SM縄獣館秘話』出演:中野裕子朝野かほり[2]

1982年(昭和57年)3月13日、スナイパー1にて東京SM企画による『初縄・雛奴隷』出演:朝野かほり小林あけみ[2]

1982年(昭和57年)3月13日、スナイパー1にて東京SM企画による最終企画『変態SM地獄IV〜羞恥責め・やわはだなぶり』演出:村井次郎[2]ビーナス No.9には村井次郎が主宰するSM水族館の同場所での最終公演として紹介。

1982年(昭和57年)6月12日、アルス・ノーヴァにてSM水族館による『SMスワッピングー調教交換IIIー』出演:黒川真由美。劇終了後に撮影会「繩縛少女〜猿轡篇〜」出演:石川秋子、繩縛師:明智伝鬼

エピソード

引用文献

  1. ビーナス No.9
  2. 2.0 2.1 2.2 桜田伝次郎, 私信 to U, 2019

注釈

お役たちweb

つながり